はじめに

 戦争を語ることは難しく、「戦没者」を慰霊,鎮魂するのに、戦争の善悪や、正否などとのかかわりは私にはわかりません。ただ、若い人達が多かった戦没者自身の「いのち」をどのように考えるか、戦没者を含め、戦争の中で犠牲となったすべての「いのち」へ目を向けて、「生きたくても 生きられなかった」人たちの無言の叫びに耳を傾けたい。

 戦後60年、戦争体験者も小数になり、今、戦没者遺骨収集が行われていることも、人々の関心事から消えてしまっているように思えます。かけがえのない命を犠牲にしたオヤジたちの遺骨も海外に放置されたままで、長い年月が経過しました。戦争の事実としての遺骨収集作業写真で「いのち」について伝えることは、少しでも平和への願いにつながると思っています。
 今の世の中には「心を失った」「命を粗末にあつかう」現象があまりにも多すぎます。
 遺骨収集の作業、写真を見ていると、過酷な時代に短い人生を賭して、私たちに必死に叫んでいるように聞こえます。「命を大切に、そして争いのない平和な社会を築いてくれ」と。忘れ去られようとしている戦争の教訓を活かし、オヤジたちの声なき声を次の世代に伝えていくのが私たちの使命だと思っています。